アコム
22時頃まで当日受取り可能(契約機でカード発行)(公式)アコム

うつ病 お金がない

みなさんおはようございます!

うつ病とお金がない関連性については、
いろんな意見をネットで見つけました。

その中で特に共感したのがこれです。


厚生労働省の特別研究事業
心の健康問題と対策基盤の実態に関する研究
によるものです。


①健康保険の傷病手当金

うつ病になっても退職を焦る必要はないです。
傷病手当金をもらいながら治療を続け、
勤務先と相談しながら復帰を考えるとベター。


②自立支援医療(精神通院医療費の公費負担)

この制度は所得制限が設けられ、
住民税を23万5,000円以上払っている人は、
原則利用できない仕組みになっています。

しかしうつ病の場合、
重度かつ継続的に治療が必要な精神疾患」に該当し、
平成27年3月末までは経過措置として、
所得にかかわらず利用できるんです。


③精神障害者保健福祉手帳

精神疾患にかかっている人で、
精神障害のために長期にわたって、
日常生活や社会生活に制約のある方に対して、
発行される手帳です。

この手帳を持っていると、
税金の優遇や公共料金等の割引などが受けられます。

受けられる支援策は地域や等級によって異なりますが、
次に挙げる割引・優遇を受けられる可能性があります。


● 所得税、住民税等の優遇
● NHK受信料の減免
● 鉄道・バス・タクシーの運賃割引(JR、航空運賃除く)
● 携帯電話料金の割引
● 水道料金の割引     

などです。


この3つの制度を使いながら、
ゆっくり自分や周りの人と向き合ってみると、
良いのかなと感じました。